自動車が必要かどうか確認を

これからドライバーとして働くことを検討しているという人も中にはいるでしょう。特に介護施設等の送迎ドライバーは求人も多く気軽に働くことが出来ます。しかし、応募する際には必ず確認しておかなければならないこともあります。 送迎ドライバーとして働く際に確認すべきもっとも重要なことは自動車が必要かどうかということです。送迎ドライバーは特殊な免許を必要としないドライバーであり、タクシードライバーなどと違って普通自動車免許さえあれば出来る仕事です。しかし、雇用先によっては自動車が用意されておらず仕事に自家用車を必要とする場合があります。また、その際にはガソリン代を会社が支払ってくれるのか自腹なのかどうかも確認しておくことが大切です。

正社員か非正規社員か雇用形態の確認を

運転をするのが好きという人にとって魅力的な職業がドライバーです。特に普通自動車免許で働ける送迎ドライバーは人気がありますが、実際に働こうと思った場合には雇用形態の確認をすることが大切です。 送迎ドライバーの仕事を探すことは難しいことではありませんが、その仕事の多くは非正規社員での雇用です。そのため、フルタイムで働くことが難しくシフト制を利用してダブルワークなどで働いているのが一般的です。ダブルワークを想定していないと送迎ドライバーだけでは生活出来ないこともあるので注意が必要です。 しかし、非正規社員と比べると数は多くはありませんが正社員で雇用する送迎ドライバーもあります。正社員になると給与面では条件が良くなりますが、その分だけ勤務時間も長くなる傾向にあります。

近年は運送業の人手不足や高齢化が目立っていると言われており、トラックドライバーなどの運転手の求人が増えています